>レポート>副作用の少ない抗がん剤がある《諦めるのはまだ早い》

副作用の少ない抗がん剤がある《諦めるのはまだ早い》

患者

様々な対処方法

二人に一人ががんと診断される時代ですが、昔に比べるとがんの治療は格段に進歩を遂げています。初期のがんであれば限りなく100%治りますし、進行したがんであっても、抗がん剤を使うことで治癒が可能になりました。しかし、避けては通れないのが副作用ではないでしょうか。使用する抗がん剤によってはきつい副作用が出ますし、がんとの闘いはイコール、副作用との闘いでもあります。副作用をコントロールする技術も上がっていますし、上手に付き合って行くのがベストではないでしょうか。最も気になるのが、嘔吐下痢だと言われています。抗がん剤はがん細胞だけでなく正常な細胞も攻撃するので、場合によっては激しい副作用が出てしまうことがあります。

ハートを持つ人

医師や看護師に相談

ただ、吐き気には制吐剤が有効だと言われています。点滴で注入することも出来ますし、錠剤で飲める制吐剤も種類が豊富です。これらの開発によって、副作用で治療を中断することがなくなっています。次に深刻な副作用と言えば、脱毛を想像する方が多いのではないでしょうか。これに関しても、かつらやウィッグでカバーすることが可能です。インターネット上で購入することが出来ますし、病院窓口においてはリースの相談にも応じてくれます。抗がん剤による脱毛が起きてしまうと、精神的なショックで対人恐怖症になってしまいます。それを防ぐには、かつらやウィッグを適切に使うことです。抗がん剤の活躍なしに、がんの完治はあり得ません。副作用を必要以上に恐がらないことです。