>info>内科で受診することができる病気を調べてみよう

内科ではどういった治療を受けることができるのか

風邪や腹痛など、日常生活で引き起こる身近な病気からガンなどの診断、生活習慣病指導、糖尿病診断など様々な診療や治療をおこなってくれる内科では、呼吸器官の問題や関節に関する疾患などにも力を入れている病院が多くあります。病気で困ったことがあれば、内科へ相談してみようと考えるほど、内科では多くの治療を受けることができます。

内科で受診できる治療内容

  • 風邪
  • 腹痛
  • 膀胱炎
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 生活習慣病
  • 胃潰瘍
  • 抗ガン剤治療

内科医は院によって専門が違う

様々な病気の治療に携わってくれる内科ですが、全ての院が全ての病気に専門的かといえばそうではありません。呼吸器関係に強い内科もあれば、風邪などの急性疾患に強い内科もあります。その院の先生がどういった病気を専門として取り組んでいるかを調べておくのも大切です。

内科で治療を受ける際の流れ

診察

受付をおこなう

受診を希望する際にはまず受付をおこなう必要があります。いつも通院する院であれば、診察カードを渡すことでカルテを探すことができますが、初診の場合は事前に記載する書類があります。

問診をおこなう

先生の受診が始まる前に、看護師さんにより問診がおこなわれます。その日の状態や診てもらいたい症状などを細かく伝えることで、先生もその情報を元にどういった病気かを予測して、様々な解決法を考えていきます。

診察を受ける

名前を呼ばれたら診察室へ通されます。この時問診で説明した点をもう一度先生に伝えます。そうすることで、看護師さんから聞いている情報に間違いがないことを確認して、予想できる病気を始めとして様々な視点から問題を確認します。

お支払い

受診が終わり、病気の説明を受けたら終了になります。人によっては薬を処方されることもありますが、多くが院と薬局で分かれている場合があります。そのため、まずは院での受診料を支払う必要があります。この支払が完了すると帰宅することができます。

内科で受診することができる病気を調べてみよう

ドクターと看護師

ガン治療も内科で受けることができる

内科では様々な治療がおこなわれています。中でも最近では抗がん剤治療にも力をいれている病院が多いです。たとえば、骨肉腫などの骨に発生してしまうガンは、外科的処置よりも内科的処置の方が有効的と考えられています。そのため、内科で抗がん剤治療をおこなうところも増えてきています。